ホットヨガ効果口コミ・体験談。

ヨガ資格保有・ホットヨガに10年以上通い続ける管理人によるホットヨガの効果や口コミ・体験談。

ホットヨガ 持ち物

ホットヨガの基本

ホットヨガに行くときの持ち物・服装はどうすればいい?効果的にレッスンを受けるには。

更新日:

ホットヨガが初めての方は、ホットヨガに行くのにはどんな準備が必要なんだろう?と悩む方も多いと思います。

ホットヨガは通常のヨガに対して、ヨガマットがいらなかったり(最近はマット必須で無料レンタルできるところが多いです)、スポーツジムのようにシューズなどが不要で荷物が少なくていいことも大きな魅力の一つなんです。

一般的なホットヨガ時の持ち物・当日のおすすめの服装などを、ホットヨガ歴10年の管理人がこれまでの経験をもとに詳しくご紹介します。

※各スタジオなどにより必要なものは多少異なりますので、参加の際は各スタジオにご確認ください。

ホットヨガに行く時の持ち物

ホットヨガ 持ち物 服装

一般的にホットヨガをするのに必要な持ち物は以下になります。

  • フェイスタオル&バスタオル
  • ヨガマット
  • レッスン着&替えの下着
  • あると便利!ビニール袋
  • うっかり忘れがち!ヘアゴム
  • 洗いたい方は洗顔・化粧水

まず必須なのが、お水。

約60分のベーシックなレッスンで、約1リットルが目安です。

そんなに飲めないという方も、ホットヨガをやるとびっくりするくらい汗をかくので、自分でも想定以上にお水を飲みたくなります

ですので、1リットルを目安に用意をしましょう。

1リットルのお水を自宅から持って行くのは結構重たいので、私はいつも近くのコンビニで購入するか、スタジオで購入しています。

※LAVA(ラバ)やカルドでは水素水のオプションサービスがあり月額1,000円程度で利用出来ます。
>>LAVA(ラバ)水素水サービスについて詳しくはこちら。

>>LAVA(ラバ)とCALDO(カルド)水素水サービス比較。どっちが便利&お得?

タオル

レッスン中に汗を拭くためのフェイスタオル・シャワー後のバスタオルはたいてい自分で持参するか、レンタルするのが普通です。

私は仕事帰りの際は通勤電車でかさばるのが嫌なのでレンタルし、休日に通う時はタオルを持参しています。

ヨガマット。

2016年10月から、私が主に通っているホットヨガスタジオLAVAではヨガマットが必須になりました!

これまではヨガマットではなく畳の上にバスタオルのみでもOKだったのですが、全クラスで必要となりました。

ヨガマット必須ではなかったため、持ち物的には楽でしたが、太陽礼拝やダウンドッグなどをするときは手が滑ってなかなかポーズに集中出来なかった事も確か。

なので、全クラス マット必須になったのは、私としては良かったな〜と思っています!!

「ヨガマット持って行かなきゃ行けないの?持ってないし、満員電車でヨガマット持参なんてムリ…」

という方、ご安心を。

持っていない場合は、無料のレンタルヨガマットを利用出来ます

私は以前、しっかりやりたい日は有料でヨガマットをレンタルしていたので、そういう意味では無料になってお得かも…笑。

持参が苦じゃない場合は、マイマットのほうが気兼ねなく出来ます。

>>LAVA(ラバ)のヨガマット制度について詳しくはこちら。

私のオススメのポータブルヨガマットはこれ!

ヨガマットは4つほど持っている私ですが、持ち運び用にダントツでお勧めしたいのがこちら。

抜群のグリップ力なのに、なんと折り畳んでバッグに入れられるヨガマットです!

マンドゥカのヨガマットは使い心地など品質の高さで有名ですが、その中でもわずか1mmの薄さなのにものすごいグリップ力のあるマット。

タオルのようにおりたたんでバッグにin出来ます。

畳の上や芝生の上など柔らかい所の上でやる場合に向いています。

薄めなので、下がコンクリートなど固い場合は、もう少し厚手のものがおすすめですが、LAVAのホットヨガの場合は畳ですので、このマットがぴったりですよー!

レッスン着

レッスンで着る服と替えの下着が必要です。

私はスポーツウエアの速乾素材のものを使用しています。

服装については、別途次の項目で詳しく説明をしていきます。

あると便利なビニール袋

これは、コンビニで買い物したときに貰えるようなポリ袋でOK。

ホットヨガをした後のウェアや下着はかなりびっしょりになるので、それをしまう用に使います。

ヨガ前にお水をコンビニで買うのであればその袋や、家からウェアをビニール袋に入れて持って行くと便利ですよ〜!

うっかり忘れがち!ヘアゴム

ショートヘア以外の方はヘアゴムがあった方がホットヨガに集中しやすいです。

激しい運動ではないのですが、汗をかくので顔や首周りにくっつくと不快な感じがしてしまうので、後ろで一つに結ぶのがホットヨガの定番スタイル!

私が通っているLAVA(ラヴァ)では、たまにうっかり忘れてしまった時は受付で聞くと貸してくださるのですが、繰り返すと申し訳ない気持ちに…。(^-^;

忘れないように持って行きましょう〜!

洗いたい方は洗顔・化粧水

私は基本的にホットヨガ後はお湯だけで流し、化粧水・保湿液はサンプルなどでもらった小さいものを持って行きます。

化粧水はLAVA(ラヴァ)だとスタジオに置いてあるのでそれでも良いですが、私は普段つかっているものを小さなボトルに入れてもっていっています。

以上のもちものをまとめた、私のヨガ持ち物がこちら

ホットヨガ 持ち物
※↑はヨガマットは無し

サイズにして、iPad miniと比較するとこんなかんじです!キュッ!

ホットヨガ 持ち物

どうでしょうか、かなり小さく収まりました。

できるだけコンパクトに小さくして普段のバッグに入れて持って行くのが私のスタイル。

ちなみにフェイスタオル、バスタオルについては休日だったら持って行き、平日はレンタルします。

ホットヨガをする時の服装

ホットヨガ 服装

ホットヨガに行く際、ヨガスタジオの説明では「動きやすい服装で」と言われると思います。

もう少し詳しく説明すると、あまりダボダボしていない、速乾素材のウェアがオススメです。

ダボつくTシャツは×。できればぴったりめのウェアで。

ホットヨガ 服装 おすすめ
よくTシャツなどで体験にこられている方がいるのですが、できればぴったりした速乾性素材のブラキャミソールやタンクトップなどがおすすめです。

なぜかというと、ひとつはとっても汗をかくので肌についてあまり快適に過ごせないため。

もうひとつは自分のポーズの形が見にくいためです。

また、ブラをしていると体を動かしにくいので、トップスはブラキャミなどの一体型がベスト。

ユニクロの速乾素材のブラキャミソールなどで最初は大丈夫です。

ただ、ユニクロの速乾素材キャミはポーズをとっていると下の方がペラペラしてきたり、バストの安定感がやや弱かったりします。

また、ランニング用などのブラキャミだと今度は逆に圧迫感が強すぎて(走る時は胸が大きく動かないようにしっかりとホールドするため)リラックスしにくいです。

なのでできれば、やっぱりヨガ用のブラキャミがおすすめです。

私のイチオシはリアルストーンのキャミソール。

価格がお手頃なのに着心地がとってもいいんです。しかも薄手でかさばらず軽くて完璧!

カラーもやわらかいものが多くて、ヨガにピッタリです。

パット付きで体にフィットして、ホットヨガで汗をかいても快適ですよ。

ホットヨガの前後で気をつけること

ホットヨガ 気をつける事 食事

直前の食事は避ける

まずホットヨガの前に気をつけたいのは、出来ればレッスンの2時間前まで・最低でも1時間前までには食事を終えておくことです。

食事をした後は体は胃の中の食べ物を消化するためにエネルギーを使います。

その最中にホットヨガというエネルギーを使う動きをすると、胃の働きを遮ってしまうのです。

消化がしっかりされないといくらデトックスしても体調は改善されません。

ですので直前に食事をとるのは控えましょう。

レッスン後の1時間はゴールデンタイム!

ホットヨガ ダイエット

ホットヨガ後は、デトックスされて代謝もUP。

特に終わってから1時間はゴールデンタイムなんです!

なのでスムージーや美容ドリンクなど、積極的に摂りたい栄養を摂取するのがオススメ。

また、インナーマッスルを使っているのでしっかりとタンパク質も摂ると、よりインナーマッスルが付いてしなやかなスタイルを目指せますよ。

逆にファーストフードや唐揚げなどの油分も吸収が良くなってしまうので、気をつけてくださいね。

準備を整えたら、ホットヨガにGO!

ヨガってマット持って行くの大変そう、、などのイメージがありますが、自身の工夫やレンタルサービスを利用すれば、ジムや他のスポーツなどに比べても荷物も少なく済ませられるホットヨガ。

会社帰りなどでも気軽に立ち寄れるので、手ぶらでまずは気軽に体験してみてくださいね!

※ホットヨガの初回体験レッスンや実感できる効果について詳しくはこちらの記事もチェックしてくださいね。
>>ホットヨガ歴10年の管理人がホットヨガを始めるまで&実感している効果について。

-ホットヨガの基本
-

Copyright© ホットヨガ効果口コミ・体験談。 , 2018 All Rights Reserved.